歯科での医療費控除

歯科治療費の控除をする

トップ

歯科の治療費で医療費控除

歯科の治療費は、結構かかります。虫歯やクリーニングならまだしも、矯正やインプラント治療となると、保険扱いになりませんからかなり高額になります。そんな時、ぜひ行っていただきたいのが医療費控除です。確定申告を行うことで、払いすぎた税金が還付される制度です。医療費控除では、歯科での治療費はもちろんですが交通費も対象になります。また、他の医療機関で受けた治療費や薬局で購入した薬なども対象になります。医療費がたくさんかかってしまった年は、家族の分もまとめて確定申告をしてみましょう。わずかかもしれませんが、臨時収入があるでしょう。

医療費控除を計算する際の注意点

年間10万円以上、または総所得金額の5%以上の金額が医療費にかかった場合、一定の金額の所得控除が受けられるのが医療費控除です。一口に「医療費」といっても、どこまでを医療費に含めて良いのか、病院で支払った金額は全て医療費に入るのかなど、詳しく知っている人はそう多くないでしょう。ここでは歯科における医療費控除の対象について述べます。支払いが「治療」目的であれば、その診療が保険診療であっても保険適用外であっても対象となります。しかし、歯科治療の目的が歯を白く見せたいなど「美容」の場合は対象外となりますので、計算する際には注意が必要です。

歯科と医療費の情報